« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »

2003.12.18

うまれてました

12月6日午前5時頃、破水して緊急に入院・分娩となりました。
微弱陣痛だとかで、なかなかお産が進まず、生まれたのはまる一日後のこと。12月7日の午前5時56分でした。
身長48センチ、体重3022グラム。女の子。
でかいでかいと言われていたけどそんなでもなかった。推定体重ってやっぱり誤差があるのね。

名前は「ちはや」です。
漢字の名前なんだけれど、ネットってことで、公表はしないでおこうかなと…。
あたしのハンドルネームは、亡き祖母・チヤの名を借りているんですが、子供の名前にも入れてしまったよ。
祖母は親も認める「育ての親」でした(笑)

ちーちゃんは、生後4日目ごろから黄疸が強く出てしまったので、退院前夜に別の病院へ移されてしまいました。しかも救急車でよ…(苦笑)
なんか、産院の検査ではかなりヤバイ値(病的な疑い)だったらしいんだけど、転送された総合病院で即検査したら、それほどでもない値に落ち着いていたんだって。実際高めではあるけれど、正常値の範囲内。
どんな調べ方をしたのかと聞かれて、付き添った旦那は「それをオレに聞くか?」と思ったという。まったくだね。
救急車の中でもちーちゃんはもぞもぞ動いたり爆睡したりですごい元気だったそうだし。

結局、よくある母乳性の黄疸で、病的なものではないという確認がとれるまでの入院ってことになり、あたしは11日には退院したのに、ちーちゃんは総合病院でさらに5日過ごすことになりました。
なんの治療も受けずに、ただひたすらミルクを飲み、ぐっすり寝て、上手な看護士さんに沐浴させてもらい、便秘にもならず、とっても快適な入院生活だったはず(笑)

一昨日、ようやく退院許可がおりたので連れて帰ってきました。
いやー、寝ない寝ない。
おっぱいもまだそんな出ないから、あたしは一日中授乳です(笑)
でもやっぱり、寝れなくても離れてるよりはいいよねぇ。
可愛くてしょうがないです。もう簡単に親バカです。

陣痛の痛みも…もう忘れてしまいました。
確かに痛かったんだけど、微弱だったのだそうだし、本当の痛みじゃなかったのかもしれない。
ちはやが無事に生まれたことがなにより。

いやもうほんと、可愛いよ…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.01

妊娠中の体の変化

体に起こったこと。気づいたことなど。

腕や足のむだ毛が薄くなった。わきのしたも生え方がしょぼいので、お手入れがとてもラク。産後もこのままだったらいいのに。
逆に、お腹まわりの産毛は濃くなっている!守ろうとしているのかしらねー。
もしかして背中も?と思ってお風呂あがりに鏡で確認してみたけど照明の具合でよくわからなかった。

肌の調子がいい。
妊娠前はおでことか鼻のところがあぶらっぽくてあとは乾燥気味(混合肌っていうのかな)だったのが、バランスが整ったようにツルツルで、きめも細かい。背中にもにきびができやすかったんだけど、ぱったりとできなくなった。
しかしシミは目立つ!メラニン色素が頑張っちゃってるらしい。
色素の沈着はヘソの真下から下腹部にかけても見られる。線が一本引かれたように黒くなっているのだー。

トイレがものすごく近くなった…(笑)
大きくなった子宮で膀胱が圧迫されるからだそうで、それは納得だが。
我慢はよくないから行きたくなったら行くようにしてるんだけど、おかげでトイレットペーパーのなくなるのが早くて交換するたびにあぁ…と凹む。
自分が意外に貧乏性だったことに気づく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »