« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004.06.30

おかあちゃんてかんじさ

体の前でヒモが交差して、否応なしに胸が強調されてしまうのが昔ながらのオンブヒモです。
最近だとナイロン製とかで、ばってんにならないリュック式のオンブヒモ(ヒモじゃないか…)とかもあるんだけどね。
あたしはばってんを愛用。リュック式も持っているんだけど、まったく使わないの。スリングっていう袋状のものも買ったけどこれもほとんど使わない。

乳ばってんは恥ずかしい。
恥ずかしいが、もうこれなしではやっていけない!
家事をしなければならないときや、ぐずぐずしちゃってんのを抱っこするのに疲れたときとか、即おんぶ。
ばってんヒモのフィット感はナイロンとは比べ物にならない程イイ。
肩にかかる負担も少ない。
近所ならそのまま出かけちゃうこともある。道路が狭くて交通量が多い道を行かなければならないとき、ベビーカーは危ないからね。
娘もおんぶされるの好きみたい。背中にくっついてるとご機嫌だし、いつのまにか眠っちゃってることも多いのです。

あまりに便利なので、洗い替えにもう一本買っちゃった。
急に汚されることがあるからね。無いとタイヘンなんだよぅ。特に食事の支度をしてるときにおんぶできないと困る。

というわけで、今も背中にあかんぼ背負ってPCに向かっております。
ぶーぶーツバを飛ばしております。ヤーメーテー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.26

離乳食

ぼちぼち始めております。
今は昼に1回。かぼちゃのうらごしとか、10倍粥、すりおろしたお麩を野菜スープに入れてみたり。形状としては「とろーりとろり」。
お義母さんが買ってきた赤ちゃんせんべいを野菜スープに溶かしたりもする。
けっこう食べる。ぐずられたことってとほんどない。
ただスプーンつかんで遊び始めるのがナンですが。
離乳食のあとは口をゆすぐ意味で白湯を飲ませ、そのあとおっぱい。
時間的にお昼寝タイムになるのでたいてい飲みながら寝てしまうよ。

市販のBF(ベビーフードだよ。ボーイフレンドみたいでなんだかなぁと思うのは古いヒトなのかしら)「さつまいものうらごし」もあげたことある。研究されて売られてるだけあってあたしが作るやつよりも食べやすいみたい。ちぇー。
大人の食事を作る過程で取り分けられる場合にはそうするけど、めんどうくさいときはBF使うさ。
でも、こちとら5人家族の夕食を作ってる主婦。
だいたいは、何か手作りのものを用意できるだろうと思う。

そういえば昨日はかぼちゃのうらごしをあげたんだけど、案の定スプーン掴んで遊んじゃって、座らせてた椅子が黄色に。
夜帰ってきた旦那が少々動揺してました。
漏れたんじゃないってば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.24

みつがせ姫とは

いわずもがな、マイベイベーのことでございます。
じいじばあば、おじさんおばさん、買ってくるは持ってくるは。
与えられたって「嬉しいわーありがとう!」というわけはない彼女なのに、それでも服やらおもちゃやらどんどん増えていきます。
シアワセなやつめ。

でも親としては困ることもある。
服やおもちゃはともかく、ジュースやお菓子を買ってこられると、どーしようと思う。まあジュースっていっても赤ちゃん用の果汁飲料だし、お菓子だってあかちゃんせんべいとかなんだけどね。
て、まあこの辺のことは主にお義母さんに対しての困惑であるわけなんですが(笑)
おっぱい以外のものなら自分の手からあげることができると思っているのでしょうねぇ。
気持ちはわかるけれども、買ってくる前に親の意向というものを確認してほしいな。

あたしは離乳を急いでいないし、お菓子(おやつ)なんて食事をしっかり摂れるようになってからでいいと思ってる。
ジュースっこにもしたくないの。ジュースはたまに、特別なときに飲むものにしたいんだよね。水分補給はお茶かお水にしたいのに。
はっきり「買ってこないで」とは言えないので、遠まわしに伝えようとするんだけどなかなか…(苦笑)

というわけで妥協。
休日、家族でお茶するときは、赤ちゃんせんべいをかじらせる。ジュースをあげる。
じいじかばあばのお膝の上でね。

あたし自身はジュースっこでした。
今はたまに飲むくらいだけど、子供のころは炭酸飲料をよく飲んでた。夏ともなれば毎日。恐ろしい。
おばあちゃんが酒屋から何種類かケース買いしてたんだよねー。
ばあばに甘やかされて育ったあたしだけど、親になったからにはしっかりしないと!食生活にはとくに気を配ってあげたいよ。

衣生活はね、自分のおこづかいで娘の服とか買っちゃってるから…ひとのことは言えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.21

こつばんを正す

出産するとき、お母さんの骨盤は赤ちゃんが通りやすいように開くのだそうです。
で、それがちゃんと元に戻ればいいんだけど、なかなかそうはいかないのだとか。

足の付け根や膝がみりみり痛むのを治したい。右肩が少し下がっていて、右側の肩甲骨がやたら凝るのも改善したい。
ついでに下っ腹が凹めば…えへへ。

というわけで、行ってきました。整体。
旦那に車を運転してもらい、はるばる品川まで出かけたよ。
なぜ品川かというと、妊産婦さん用の骨盤ベルトを作った人が開いている整体サロンがあるのです。妊婦さんも診てくれるところだから安心しておまかせできるかなと思ったの。
サロンといって勝手に想像していた優雅なかんじとは全然違い、着いたところはフツーのマンションの一室でしたが。

予想したとおり骨盤の戻りはあまく、お尻にしっかりと力が入らない状態だったそうです。背骨と首の骨も歪んだり出っ張ったりしているところがあるとのこと。凝りをほぐしてもらい、そのあとでバキボキとやってもらいました。
何?この肩が軽いのはなにー?!
腰のあたりもすっきりした感じ。
腹が凹んだかはわかりませんが(笑)

整体で生理痛が軽くなる人もいるっていうじゃないですか。
骨盤は大切にしなくては。
しかし腹は…(溜息)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.01

時がとまるとき

赤ちゃんを育てている人たちが、必ず経験するであろうこと。
それはうんちの被害!
…っていうかもしあたしだけだったりしたらなんか自分が要領悪いみたいで悲しいわ。
大丈夫大丈夫きっとみんなやられてるから。ええたぶん。

娘が産まれて半年。おむつから漏れ出したうんちくんに何度敗北したか知れない。
服に下着にタオルに。
今日はあたしと旦那が使っているベッドに侵出を果たしたうんちくん。
はー…。昨日洗濯したばっかなんだけどねシーツ…。

パリっとしたシーツにシミを発見したとき、思考は一瞬止まる。
それから、その真っ白な頭のなかにこれからやるべきことの手順が走馬灯のごとく(ってこんなときにはつかわない表現か)浮かび流れていくのです。

今まででいちばん現実逃避したくなったのは、おんぶしてて背中に漏らされたときね。
ほんと。鏡で何度も確認しちゃったよ。
うそであればいいなあなんてね(早く着替えなサイ)


それにしてもうんちなんて言葉を連呼する日が来ようとは。
出産して一皮むけた気がするあたしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »