« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004.09.24

おしゃべりちゃん

とうとうつかまり立ちができるようになった。
娘9ヶ月。
さっぱりわかんないけど、たくさんなんかいってることだけは確か。

入院中に何度も「オカアァン」て言ったんだよ。
希望的聴覚センサーがあたしの耳いっぱいについているとしてもだね、やっぱり嬉しいものなのだ。

うちではパパ・ママでなくお父さんお母さんと呼んでもらいたいと考えているので、娘には「お父さんだよー」とか「お母さんまだ眠いんだよぉー…」とか(最近寝てるときによじ登られる…しかも早朝…)、話しかけているわけなのね。

「マンマンマー」とか「パァパァパァー」とかはずいぶん前から言ってたから、「ママ」「パパ」の方が断然言い易く、より早い時期から呼んでもらえるのではないかと思うんだけどねぇ。でもお父さんお母さんにするって決めちゃったからなぁ。

こないだ娘が何度も「パーパーパーパーパー」って言ってるときに、抱き上げて旦那の前に連れてったんだ。

「ちーちゃんこのひとだーれだ?」

「………………ンマンマンマンマンマー!」

旦那がっくり。
なかなか心得たハニーなのだ。ちースケは。

そう。ちなみにちはやの呼び方なんだけど。
ちーちゃん、ちーにゃん、ちーねこ、ちーたん、ちーすけなど色々あるのですが…ってアホかと思うでしょ。スイマセン。

最近の流行りは「ちいこ様」。
お手ふり覚えたから…。機嫌いいと誰にでもふる。

バカかと思うでしょ。ほんとスイマセン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.22

入院した

娘の熱は「川崎病」によるものでした。
川崎病って、4、5歳までの子供がかかりやすい病気で、原因はまだわからないんだそう。
先々週の土曜日に入院したんだけれど、最初の3日間はもう見ていられないかんじ。
とても苦しくて辛いことを訴えるすべがないので泣くしかなく、その泣く声も枯れてゼーゼーいう(口のなかが腫れてたのもあるかもしれない)ちはやをただただ抱っこしてた。
幸い川崎病としては軽いほうだったらしく、薬もよく効いたようなので先週末には外泊許可が出て自宅に帰ることができたし、昨日正式に退院できました。

病院のパンフレットには川崎病についてこう書いてある。

「川崎富作が発見したことからこのように呼ばれています。川崎病は全身の血管、特に心臓の血管に異常をきたし、まれに心筋梗塞を起こすのが特徴ですが、専門の先生にきちんと診てもらって治療を行い、薬を飲むなどその指導を守れば、心筋梗塞を起こすなどの後遺症の心配はほとんどありません。」

症状としては6つあり、5つ当てはまると川崎病と診断されるそうです。4つでも、心臓に異常が見つかれば川崎病と診断されるそう。

1.39℃前後の熱が5日以上続く
2.手足が硬くむくんで、手のひらや足の裏、手足の指先が赤くなり、しばらくすると指先の皮がむける。
3.体全体に大きさや形の一定しない発疹が現れる。
4.両目が赤くなる。
5.くちびる・舌・口の中が赤くなる。
6.首のリンパ節がはれる。

ちーは6以外の5つ該当してて、幸い心臓には異常が見つからなかった。
ただ、症状を治めるのに「免疫グロブリン」という血液製剤を使ったのね。
エイズ、肝炎感染などがよくニュースになっていて、血液製剤って恐ろしいものと思っていたけど、今回はもう「現時点では安全、と、言われています」という医者の言葉を信じるしかなかった。
今元気だし、後遺症もなさそうだから、これまでどおりの日々に戻るのにそう時間はかからないと思う。検査なんかは定期的に受けなくちゃいけないけどね。

それにしても…。
土曜日に再診してもらったかかりつけのお医者さんがすぐに川崎病を疑って、転院手続きしてくれてよかった。
医者の知識とかタイミングとか、いろんなことがあるよね。

で、結局突発性発疹はまだやってないということになったわけだが。

いつくるのよ。ねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.09

きた かも?

昨日から熱を出しているちー。
ちょっと眠っては起きておっぱい、を繰り返す。
眠ったかなと思ってそばを離れると目をつむったまま手で辺りを掻いてあたしを探すんだよねー。で、いないとわかると泣くのだ。
可愛い!
あー可愛い!

と喜んでばかりはいられない。
突発性発疹という、三日ばかり高熱が出て、熱がひいたら赤いぷつぷつが出るウイルス性の病気があって、赤ちゃんは遅かれ早かれみんなかかるらしいのだが、今回の熱はどうもそれっぽい。と昨日駆け込んだ病院の先生がいってた。

突発いつくるかってどきどきしてたんだよねー。
でもこれってあんまり大事になることなく済んでしまうことが多いそうだし、しかも熱が下がって湿疹が出てはじめて「あら突発だったのね」ってわかる病気なのだというからなんともいいかげんというか後手後手というか…はは…

とにかく今はまだ熱が高くて、ちーもおっぱい星人になってしまってるので付き合うあたしも疲れ気味…っていうかおっぱい吸われ過ぎて干からび気味…
でも欲しがってるんだからあげたい。ってか出さねばならぬ。
というわけで、小さいおにぎりを何個も作って、しんどいかなってときにはすぐに食べてます。水分も摂ります。

熱と闘うちーの、おかーさん後方支援部隊だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.06

とうとう

やってしまった。
娘をベッドから落としてしまったー。

正確には、ちーがベッドの奥から端っこに寄ってきて落ちた、のだが、あたしがちゃんと見ていれば落ちる前に抱きあげることができたんだよね。
ちょっと目を離したすきに落ちた、だからあたしの油断以外のなにものでもない。

ちはやの額にはみごとなコブができました。
あーあー。

それにしてもタンコブってひさしぶりに見たんだけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »