« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004.10.31

きりたんぽがやってきた

新米の出回る頃になると、秋田の実家からきりたんぽが送られてくる。
実家近くのスーパーで(主に贈答用にだろうけど)毎年出しているもので、材料がぜんぶそろって入ってて、しかも下ごしらえも済んでいるから、煮るだけでできるという簡単な「きりたんぽセット」なのだ。

今年も届きました!
さっそく頂きましたよー。

上から時計まわりに
スープ、ネギ、セリ、まいたけ、ごぼう、しらたき、鶏肉(比内鶏)、きりたんぽ
tanpo.jpg

ごぼうもささがきされてアク抜きされて入ってる。鶏肉も一口大にカットされてある。
下ごしらえが要るのはネギとセリのみ(でもこれも切るだけだし)。

比内鶏のスープもストレートタイプだから、薄めないで、そのまま煮立てるだけなの。
でもこれ、ちょっとしょっぱいんだよね。煮立ったのに具を入れてさらに火をとおすから煮詰まるってのもあると思うけど、きっと元々しょっぱ口(辛口)の多い秋田県人の口に合わせているのではなかろうか。

もともと、きりたんぽの汁ってかなり醤油入れるんだけどね。見てて心配になるくらい入れるのがふつうだと思う。
ちなみに秋田の実家では、きりたんぽの汁の味は父が決める。父は辛口だから(酒飲みだしな…)薄口な母の味つけは物足りないらしいの。

あたしは母に似て薄味好みなので、きりたんぽセットのスープには酒を入れて、かなり薄めてしまう。
お湯よりもお酒がいいと思う。煮立ててるからアルコールは飛んじゃうし、酒くさくはなりません。
それと、秋田の母からポイントとして教わったのは、セリの根っこも入れて煮ること。こうするといい風味が出るのだそう。根っこっていっても、株の部分のことで、ヒゲ状の根部分は切って捨てます。

汁を煮立てて(酒を入れて)、ごぼうとしらたきとまいたけを入れる。
さらに煮立ったら鶏肉とネギを入れる。
またまた煮立ったらきりたんぽ(1本を三つくらいに切って、電子レンジですこし温めておくといい)を入れて、火がとおったらできあがり。セリは煮すぎないように、きりたんぽが煮えるギリギリくらいに入れたらいいと思う。

うちの家族は、あたしが嫁にくるまでは、きりたんぽには少々いやな思い出があったそうだ。
義父が秋田へ出張にいって、おみやげにきりたんぽ(だけ。具とか一切ナシ)を買って帰ったのだが、誰も料理方法を知らず、とりあえず、と魚焼きグリルで焼いてみたそうだ。
しかし、マズいので、じゃあ煮てみようということになって、残りは茹でたのだとか。
それでもマズくて(当たり前だ)、きりたんぽって…(嫌)ってことになったみたいです。
味つけ一切ナシじゃ、煮ても焼いてもダメだと思う。ってそういう問題でもない気が。
インターネットがなくて、わからなければ調べよう、ということにはならなかった頃の話だそうですけどね。
あたしが作ったきりたんぽを初めて見たとき、妙に納得していた家族たちでありました。

さて、今回のきりたんぽはお嬢も食べた。
きりたんぽと、具はごぼうとセリのみだけどね。

chitanpo.jpg

汁は大人用のにさらにお湯を足して、薄めに。
写真は、撮影用に盛った(わざわざ・笑)もので、このあとぜんぶ包丁でたたいて細かくしてあげました。

もうすこし大きくなったら、きりたんぽを焼いて、甘い味噌をつけてあげるのもいいな。
味噌つけたんぽ(そのまんまの名称)も美味しい。
おなかのふくれるおやつになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.30

ロイズきたー!

水曜にロイズのウェブサイトからオーダーして、本日午前中に到着しました。
今回はケーキ、クッキー、チョコレート、生チョコレートから1品ずつ選んでオーダー。
あと750mlボトルのシャンパンを1本。

royce.jpg

ケーキと生チョコは明日出かける友人宅への手土産にする予定。紙袋もつけてもらったんだ。

シャンパンは深緑色の筒状箱に入ってて見た目にもいいかんじだったよ。

早く飲みたいッ!

でも12月までがまんがまんがまん。
お嬢のお誕生日に開けるって決めたのだ。

ねかしとこう…
mignon.jpg

旦那がゴルフから帰ってきたらクッキーチョコレート食べるぞー。
楽しみだなぁ。

早く帰ってきてよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.29

一石二鳥ですから

車の免許はもっているのだが、もう一年以上も運転していない。

家は最寄駅までチャリで10分強という不便な場所にある。車は必須だ。

家族にそう言われて、イヤイヤながらも講習に通い取得したのだったが、いざ運転となると恐ろしくて結局たいして乗らなかった。
妊娠・出産後は、自分以外の命をあずからねばならないのだから、ますます乗れなくなってしまった。

このままペーパーのいきおいです。
雨の日とか家族を駅まで迎えに行けない、つかえない嫁ですすいません。

車嫌い(乗るのは平気)だから、というわけでもないのだが、歩くのは大好き。
妊娠中も太りすぎは厳禁!と脅され怒られするので、体重管理のためによく歩いたなぁ。
雨の日以外は犬を連れて20分、病院に通う日は駅まで30分とか。
おかげで妊娠前より6キロ程度増加しただけで出産に臨むことができたんだけど、でも、もともとの体重にもよると思うけど、増やすのがあまりに少なくてもダメなような気がする。
だってあたしの場合はすぐに元の体重に戻ったけど、なんかすごく体力が落ちたかんじだったもの。ゲッソリというかさ…。
出産後はすごくエネルギー使うし、やっぱりそれなりに増やしておいて、産んだ後に少しずつ落としていくのが正しいんだろうなと思うよ。

ところで、妊娠前の体重は自分的にベストではなかった。
嫁に来てから2キロ近く太ってしまったんだよね。この夏の猛暑で一時ぐっと痩せたけど、すぐ戻ったし。
でも、秋晴れの下でのベビーカーウォーキングで痩せたよ。
ここ最近晴れてる日は30分かかる公園まで歩いてたもん。

フフフフ。

あ、でも、帰ってきてからアイスとか食べてるんだけど。
だからキープできないんだよなあ…。


キシシ。アイス美味いもんね。
kisisi.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘルシーを装いつつ

にじますは、嫁にきて初めて食べた魚でした。
秋田の実家では食卓に並ばなかったんだよね。

塩をもみこんで焼く。
ほかの家族はポン酢をかけるけど、あたしはそのままで食べるのが好き。

今日の晩御飯。
にじます、カボチャの煮物(昨晩の残り)、ホウレンソウのおひたし、もやしとかいわれのサラダ。

nijimasu.jpg

あとはチンゲンサイとワンタンのスープ、ごはん。

ヘルシーっぽいけど量はあるよねぇ。

食卓に大皿が並ぶのって壮観だけど、食べる人に選り好みされちゃうし食べた量もわからなくなるからよくないっていうよね。まったくそのとおりだとおもうー。
実家では各人の分がそれぞれ盛られていたから、感覚的にもそっちのほうがしっくりくるんだよね。

でも嫁だもんな。家に従うしかないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.27

ぎゅっとしてして

週末、逗子に住んでいる大学時代の友人宅に遊びにいった。
そこんちには1歳になったばかりの女の子がいるんだけど、ぎゅー(hug)ができるんだよね。

うらやましい。

ぎゅーとちゅーには人一倍敏感なあたしである。
(わかるひとだけ笑っといてくれ…)

すでにちゅーはできるので、ぎゅーもお嬢に教え込まねばなるまい。
そう思い、努めて「ぎゅー」を強調するようにした。

「○○ちゃん。ぎゅー」(←hug)

あたしがお嬢をハグするだけでなく、お嬢がぬいぐるみを持っているときに腕のなかに抱え込むことを教えたりして、けっこう真剣にやった(バカですよええ)。

さっき、義姉が提供してくれて、最近のお嬢のお気に入りでもあるサルのぬいぐるみを持っていたので、成果を試すべく「ぎゅーして」と声をかけてみた。

両手で、サル、の首を、ぎゅーーーーーっと。

絞め殺してました。

ハグへの道はまだまだ遠い。


↓締められたひと
saru.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.26

子供をダシにする日

ジブリのアニメが好き。
『千と千尋の神隠し』は旦那とあたしが付き合うきっかけになる映画だった。
と言うのは過言でないことはなく、過言だけど、まあ一緒に観に行ったことは違いない。

…ってか冷静に考えたらアニメがなれそめって(正確にはそうじゃないにしろ)けっこうイタイと思うんだけどどうだろう。
カクレ腐女子のつもりが意外と堂々と臭っていたのかしら…。

ええと。
ジブリ作品のなかで特に好きなのが『となりのトトロ』と『魔女の宅急便』だ。
この二作はビデオも持っている。
で、『となりのトトロ』の、ネコバスのシーンがあたしのお気に入りなんである。
さつきがネコバスの車内(体内?)に足を踏み入れたときのふかふかふか~っていうあの描写!

んもう!

踏みたい踏みたい!あたしも踏んでみたい!と思っていた。

隣のうちのにゃんこがなついているのをいいことに、呼びよせて腹毛のあたりを踏んでみる、という手立てもないわけじゃないが、万一近所の人に見られでもしたらたいへんだ。
あそこんちの嫁は動物虐待してるぞなんてうわさがたったら困ります。

そんな妻の想いを汲んでくれたのか、はたまたまじでネコ踏んじゃったりしたら哀れだと思ったのか、結婚後まもなく(だから2年半前だなぁ)、旦那サマが「三鷹の森ジブリ美術館」に連れていってくれたのだ。
チケットの発売日にはスーツ姿のとうちゃん(仕事中)や、ご近所子育て仲間の代表みたいなかあちゃんらがローソンに列をつくる、人気の美術館だ(今はどうか知らないけど。前ほど混んじゃいないでしょうねぇ)。

ジブリ美術館には、ネコバスがある。
思う存分踏み踏みして、すりすりすればいいぞ妻。

旦那サマのお骨折りに大感謝しつつ、2年前の6月、あたしたちはジブリ美術館へ行ったのでした。
『千と千尋の神隠し』の資料を展示してあるお部屋とか、ショートフィルムを観たりとか、とりあえず前座を楽しんで、やっとこ着いたネコバスの部屋。
そこには、大きなネコがごろりんと転がっていて、たくさんのこどもたちがネコの中だの外だので遊んでいた。

たくさんの…こども…。

そう。遊んでいたのは、ちいさなおこさまたちだけだったのだ。
ネコバスったら大人気で、部屋は入場制限がかかっていて、入場待ちの列が外にできているのだが、並んでいるのはやっぱりこどもさんばかり。
しかも、ご丁寧に「お子様を優先させてあげてください」と看板まで出ていた…。

つまりおとなのかたはご遠慮くださいということ。

がーーーん。がーーーん。

ご遠慮くださいってことは、絶対に入るなというわけじゃない。
実際、入っている大人の人もいた。
でもその人たちはどうみてもおこさんの「付き添い」。

あたしに、こどもに混じって並ぶ勇気はなかった。
子供ができたら、絶ッ対にまた来よう。
そう誓ってジブリ美術館を後にした。


二年後半経った今。
お嬢にトトロのビデオを見せ、ネコバスのぬいぐるみで遊ばせている。
近いうちに来るであろうリベンジの日に備えなくてはならないからね。
来年の春辺り狙ってます。
お嬢もそのくらいにはさくさく歩いているだろう。

「ほーら○○ちゃん(←お嬢)、ネコバスだよ。よかったねーーッ」

といいながらふかふかのネコにダイブする。
あたしが。

そんな想像しながら、今日もビデオを見せるのさ。

さっぱり興味ないみたいだけどね…(涙)

らぶり~↓
nekobus.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロイズ生チョコ

チョコレートが大好きだ。
ミルクチョコよりも、ビターチョコのほうがいい。カカオの苦味ががっつり効いているようなものが好み。

だったのですが。

先々週、大宮そごうの北海道物産展に出かけて、ロイズの生チョコを買った。
勤めていたときに何度か同僚がお土産にもってきたのを食べたことはあったし、結婚してからも義父が出張のお土産に買ってきてくれたことがあるので、食べたことはあったのだが、自分で買ったのは初めてだった。
行ったからにはなんか買わないと損なような気がしたのね。
六花亭も出店してたから、家族が好きだしマルセイバターサンドもいいかなと思ったんだけど、最近あのバターの生々しさがちょっとどうもうーむなかんじ(トシかな…)なので、ロイズを選択したのであった。

会社の同僚は、「オレンジリキュール」が好きらしく、ロイズで買ってくるのはいつもそれだった。
義父はベーシックに「ラム」を買ってきていた。
どっちもそれなりに(いやかなり)美味しかったけど、あたしはビターチョコ(できれば「板」)をがりがりやるほうがより好きなので、そんなに激しく感動することはなかったのね。

ところが!

そごうの物産展では、「シャンパン味」があったのだ!

シャンパン…!

好き…!

結婚式の乾杯のときくらいしか飲めないけどすんごい好き!
乾杯のあとでサービスの人におかわり頼むこともあるくらいだ。
(…っていうかそんなに好きなら買って飲みたまえよ)

迷わず買ったね。生チョコシャンパン。前は無かったんじゃないかなぁ。

ネスカフェ(←うちのがぶ飲み用コーヒー)入れて、頂きましたよ。
もう。
すごい。すごい美味い!
ベースがミルクチョコだそうなので、あたしの好みではないのにもかかわらず、シャンパンがすっきりさわやか~な風味を醸しだしていておいしいのー。
一緒に「ビター」も買ったのに、「シャンパン」のほうが美味いと思ってしまった。

すっかりハマってしまったので、ロイズのサイトで買っちゃいそうだよ。送料高いのに。
サイト見たらシャンパンそのものも売ってたよ。なんかまんまと買っちゃいそうなんですけど。
シャンパンを気兼ねなく好きなだけ(結婚式でのおかわりもさすがに二度はできない。なんとなく)、飲んでみたいと思っていたので、このさい買ってみようじゃありませんか。

購入したらまたここで報告します。フフフ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.25

手が臭くなるけど

最近お嬢にはスルメをあげている。
あたしも赤ちゃんの頃になめていたと母が言ってたので、歯がはえてきたらあげようと思っていた。

あげるときの決まりは

ものによってしょっぱいことがあるので、買うときに原材料をチェックし、調味されているものは避ける。

一日2本までとする。

以上の2つ。

ガジガジやっててくれると夕食のしたくがはかどるので便利ですスルメ。

うめ~
surume.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.23

スギヒラタケで急性脳症

我が故郷秋田県でも亡くなった人がでたよ。

母の実家は山間の村だから山菜・キノコ採りは日常的なことだ。
祖母のことが気になったので、母にメールしておばあちゃんちの辺りでスギヒラタケが採れるのか聞いてみた。

「たくさん採れるよ。お母さんも子供の頃採ったことあるよ」

だそうだ。おおお。たくさん採れるんですか!?

祖母のうちへは明日電話しておくからとも書いてあった。
腎機能が低下している人が食べると危ないらしいのだが、おばあちゃんはなにぶん年寄りなので心配だよねぇ。


ところで…カテゴリ選択微妙だなぁ。
一昨日それでキノコの話してるから、その流れってことでひとつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.22

ぐるぐる~

どかーーーん!(いないいないばぁっ!

が大好きなお嬢。

番組やってなくても突然ぐるぐるしだす。
でも、おとなみたく器用に手をまわせないから、右手と左手がべちべち当たって、しかもそれを顔の前でやるもんだから顔に手がびしびし当たって、「フガフガ顔」になってしまうんである。

フガフガ顔↓
fugafuga.jpg

これ、嬉しいとき顔っぽいんだけど、なんなんだろうねぇ。
彼女のなかでは「いい顔」なんだろうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.21

筍といわれて想像する筍

細長いですか。太くて大きいですか。

あたしは細長いのを想像する。
小さい頃、親戚が山で採ってきたのをよくうちにおすそわけしてくれたからだ。
ヒメダケというそうだ。
もらったら、すぐにむいて茹でて、豚肉とこんにゃくと一緒に炒め煮にして食べた。
むくのを手伝ったこともあったけど、中に巣食っていた虫にコンニチハされてからはしなくなった。

夏に実家帰ったとき、祖母のうちへ行ったらお土産に筍のビン詰をもらった。
サンモダシとかいうキノコ(シメジらしいけど)のビン詰と一緒に。

takenoko.jpg

これを炒め煮にしたいのだが、ビンのふたが固くて開けられないの。
旦那やお義父さんが帰ってくるのを待ってたら夕飯が遅くなるからと諦める日々。
久々のヒメダケ、食べたい食べたいと思いつつおあずけをくっているわけなのだ。
開けといてもらおうと思ってるんだけど、ついつい頼むのを忘れちゃうんだよね。

って。ああ。
今気づいたけど、棚に戻すから忘れるのか。
食卓に出しておけばいいのか。

うむ。


ところで。
嫁いだうちの前には、立派な竹林がある。
地震がきたらここに逃げろといわれている。根が深く張っていて地盤がしっかりしているからなんだって。

ベランダから見える↓
hayashi.jpg

こっちは太い筍のなる孟宗竹(もうそうちく)の竹林で、本家(義父の生家)が所有している。
本家は農家だから、筍採ってスーパーに卸すの。時期になると親戚総出で掘ります。報酬は新鮮な筍だからみんな来る(笑)
今年はお嬢を背負ってあたしも参加したよ。
そのうちお嬢も掘るようになるでしょう。楽しみだな。彼女のなかでは筍っていえば、太くて大きいもの、になるんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.20

鏡大好き!

映っているものはなんだと思っているんだろう。
“私”という意識はあるのかなぁ。

kagami.jpg

お嬢、このあと自分にチューしてたよ。

チューといえば。
昨晩旦那にもしていた。
なんだよう。
ついこないだまであたしにだけだったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.19

プチバトー

高いからなぁ…と悩んだけど、でもやっぱりお嬢に着せたかったから、探しまくって買った!
プチバトーのカバーオール。

pb1.jpg

今シーズンの秋冬モノで、オリエンタルシリーズのものらしい。
あぁオリエンタルなかんじってかんじでしょう?(酷い日本語…)
デザインといい、色合いといい、胸のワンポイントといい、見ているだけで嬉しくなる。

pb2.jpg

サイズ18Mを買ったけど、お嬢にはデカかった。
袖は一つ折り、裾は二つ折りしないと着られない。
でも首周りはすごい締まってるから、12Mじゃキツかったんじゃないかな。首が。
ていうかさ、フランス人の幼児って袖とか裾とか折らずに着られるってことだよね。そのくせ首は細いってことだよね。
毎日お嬢しか見ていないから、想像できないんだけどそんな体型…。

赤ちゃんの体ってその子その子で全然ちがうもんね。
ちなみにお嬢はいまだにサイズ50-70のツーウェイオールで着れるものもある。股スナップがとまって、肩周りがキツくなければ下着代わりにちょうどいいの。
袖とか裾とかは短いけど、上にチュニックとかワンピースとか重ねるとかわいい。
でもお嬢は頭がデカイので、かぶるタイプの服はダメ。着せるときに手間取って泣かれる確立が高いので、もっぱら前開きタイプの肌着とか服とか着せてます。

すぐに着られなくなるからと、お金をかけないで上手く過ごす方法もあると思うけれど、あたしは毎日でもあたしの気にいった服を着せたいと思う。そのほうが楽しい。
そのうち親の趣味の服なんかイヤがって着なくなっちゃうんだから。ちっちゃいうちは着せ替えで遊ばせてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.18

えらばれしピヨ

お嬢に最初にあげた絵本は、とある育児サイトの掲示板で紹介されていた『じゃあじゃあびりびり』だった。

最初は(生後1ヶ月くらいだった)手も出さないから、ただ寝ているお嬢の隣に一緒に横になり、あたしが絵本を開いて読んでやっていた。
2ヶ月くらいのときに読んでやると、タイトルにもなっている「じゃあじゃあ」のところでニヤリと笑ったりしてくれてたんだけど、動けるようになって、おもちゃで遊ぶようになったらすっかり絵本のことは(あたしが)忘れてしまっていた。

先月、川崎病になって入院しているときに義母が『おでかけ版いないいないばああそび』を買ってきてくれた。
それを見て、そういえば絵本あったっけと思い出した。
退院後、うちで旦那が何度も読んであげていたので、楽しいことがわかったらしく、最近は絵本を渡すと自分で開くまでになった。

でも、『いないいない~』で好きなのは、黄色い小鳥と決まっている。

pi-chan.jpg

このページで遊ぶのがいちばん好きで、何回もやる。
最近までヒヨコかと思ってたんだけど、最後のページの全キャラ集合の絵を見たら、ヤツは飛んでたよ。ヒヨコじゃなかったよ。


絵本はなるべくたくさん見せてあげたい。でもそんな買えないし、買えたとしても置く場所に困る。
だから、もう少しお嬢が大きくなって(絵本は破ったり食べたりしたらいけないものだとわかるようになるのが最低条件)、図書館に通うつもり。
たくさん見せて、そのなかにすごーくすごーく気に入ったのが見つかったら、それを買ってあげようと思う。

もっと大きくなったら、『オズの魔法使い』を読んであげたい。好きになってくれるといいいなぁ。そしたらシリーズ14作全部読んであげちゃうもんね。毎晩寝る前に、少しずつ読んであげるのが夢。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.16

なんでもいいわけね

もしもし、を覚えたお嬢。
あたしのケータイでもやる(たまにパカっと開いてからやるのが笑える。見てるんだなぁ)のだが、でも別になんだって構わないのだ。

面白いからガーゼをもっているときに「もしもーし」って言ってあげた。

moshimoshi.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.15

ムズムズするのか?

かじる


200410151004.jpg


かじるかじる


kajiru2.jpg


かじるかじるかじる


kajiru3.jpg


おかあさんのにゃんこコレクションばかり。なぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかあさんて

呼ばれたように思うんだけど。

夜中に起きたお嬢の様子を、寝たフリしつつ観察してしまった。
すっきり目が覚めたらしく泣きはしなかった。あたしの顔を撫でながら、うつぶせで部屋を見回していた。
かわいい。どこか触ってないとダメなとこがかわいい。

そうしているうちに、あたしの肩に頭をのせて寝てしまったんだけど、眠りきれずに泣き始めた。
ハイハイおっぱいあげるよーと抱き直そうとしたときだ。

「ォカアサ(ン)」

え?と思いつつ、すかさず応える。

「なぁに?おかあさんこっそり見てたんだー。静かにしててえらかったねぇ」

それからおっぱいをあげるとすとんと眠ってしまった。


希望的聴覚センサーがはたらきまくったか?
でもあのタイミングであれば、おかあさん、と呼んでくれたと信じてもいいんじゃないかなぁ。
先月入院したときも何度もオカアサ(ン)と言ってて、微妙だなと思いつつ嬉しかったんだけど。
今回は「間違いない(長井)」でしょ。

というわけで、逆に興奮して眠れなくなってしまった親バカなおかーさんである。
ああ。スズメが鳴きだした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.14

足りてるんだろうけど

最近おっぱいを飲む回数がずいぶん減ってきた。
今日なんか11時に昼寝する(お嬢はまだ午前中・午後と、1日2回お昼寝なさる)のに沿い乳して、そのあと夜の9時まで飲まなかった。

こんな日が来るなんて!
想像できなかったなあ。
あたしが安易に乳を飲ませていたせいだと思うけど、お嬢はちょこちょこ飲みのくせがついていた。
授乳が一日10回を越えるのは、つい最近まで珍しいことではなかったんだよね。
お茶とかあげなさすぎたのかなー。だからおっぱい欲しがってたのかもしれない。今年の夏は猛暑だったし。
一日にお茶(あるいは白湯)を120mlも飲まないのって少ないか?
でも今日だってそんなもんだけどなあ。

一日12回とか13回とかの授乳でも、キツイと思ったことはここ最近ではそう何回もない。
なぜならばそのうちの5・6回は寝かしつけるための沿い乳だったから。寝付くまでに数回目を覚ましてぐずることがあったからそのたびに授乳していたのね。こっちも横になってるし、本とか読んでるし…ってダメかしらこういうナガラ育児。
抱っこでしっかり飲ませないからちょこちょこ飲みになるんだろうね。
でもしっかり飲ませようとがんばっちゃうよりもナガラのほうが断然ラクで、やめられない。

ちょこちょこ飲みでも、このこはおっぱいがすんごい好きなのね、と思えればストレスにはならない。
先月、9ヶ月になってまもなく川崎病にかかって入院したときも、おっぱいだけは飲んでくれたし。
夜2、3回起きるのが続くとしてもかまわないと思えるし、おっぱい生活はまだまだ長いな。きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.13

肉厚

かわいい部分。

それは肉厚なあしのうら。

つちふまずはまだない。
できる過程を見られるんだよねぇ。

ashi.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.12

エンドレスぞうさん

お嬢10ヶ月。
「いぬのおまわりさん」が流れるおもちゃで遊んでいるせいもあり、この曲が大好き。
最後のわんわんわわーーんのところでは「ワァワァ」歌う。
飼い犬が吠えるのでワンワンという言葉は覚えているみたい。
ま、あくまでも犬のモノマネをしているだけなんだけどね。

「ぞうさん」も好きらしい。
イントロだけでにこにこしている。可愛いやつじゃ。
この曲にはあたしにも思い出がある。
っていっても両親が思い出話としてことあるごとにいうのであって、あたし自身が憶えているわけではない。

そーよかあさんも

おーはながながいのね

と歌うので、まわりの大人は「それじゃ終わんないよ!」というツッコミをして喜んでいたそうだ。

ところで「ぞうさん」の二番では、だれがすきなの、あのねかあさんがすきなのよーとなるんですが。
こないだ同居している義母がばあばがすきなのよーと歌ってやっていた。
なにかちょっとメラっとした心の狭いかあさんである(妬)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.11

お嬢に告ぐ

おかあさんの服を勝手にめくり、へそに指を入れないでください。

どきどきわくわくってかんじの表情で、そーっとそーっとひとさしゆびを差し出してくる。

触られたときのこそばゆさをおもうと、指が近づいてくるその動きを見ているだけでもじもじしてしまうおかあさんである。

そういうプレイ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.05

つながり

旦那とは社内結婚ということに、だいたいのところはなるのだと思うが、そうじゃないといいたい気持ちがあったりする。

というのも、シャチョーが大嫌いというのが会社を辞めたひとつの理由だったのだし、旦那と付き合い始めたのも辞めた後(って言ってもホント直後だけど)なのだ。
結果的に結婚退職になってしまったのさ。
大嫌いなシャチョーと、旦那を間において切れない縁で結ばれてしまったのよ…おおう。

そのシャチョーが、娘の病気を知って、病院を探してくれた。
日本で川崎病といえば広尾にある日赤医療センターがよいのだという。
紹介状ナシでもすぐに診てくれるようにと、方々当たって、つながりのある人を見つけてくれた。
すでに退院して元気なので、今更どうしようかと思ったのだけど、念のためと先週出かけてきた。

結果的には行ってよかった。
大宮の病院の先生とは、説明の細やかさが違った。
「何がわからないかがわからない状態」のあたしたちに、たくさんの情報を与えてくれた。
治療してもらった大宮の病院で今後もずっと定期検診などを受けるはずだったけれど、日赤に引き受けてもらうことに決めました。
大宮の病院も先生やスタッフさんが親切で決して悪くはなかったけれど、今後ずっと診てもらうなら、最新の情報が得られる可能性のある日赤のほうが、娘にはいいと思ったから。

シャチョーありがとうございます。
旦那様はいよいよ辞められなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.04

ジョイトイ

眞鍋かをりさんがコオロギの写真をのっけてたことがある。
M字開脚はうちのお嬢も負けないよ。
オムツはみだしてますが。


200409241327.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »