« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005.01.27

おいすぃーー!!

oishii

肉まん食べさせました。

なんてわかりやすい反応…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.12

困る

ひとさしゆびをペローと舐めて、それをあたしの口元に差し出してくるお嬢。

まあまあ、アタシの指でも舐めて頂戴。というわけ?

でも舐めれないよいくらなんでも。
お嬢のツバが汚いと思うんじゃなく、どっちかっていうと自分の口内に自信がないわ。

あたしにだけじゃなく、旦那にも、義母にも義姉にもやっていて、みんな困惑していた。

その指をどうしろと…!?みたいなね(笑)


ずっとなんなんだろうと疑問に思っていたんだけど、でもさっきちょっと思いついた。

あたしはお嬢にごはんを食べさせているときに、お嬢の口の端についたごはんつぶを指ですくって、ペロっとやってしまうことがある。

それをマネしているのではなかろうか。逆の流れで(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.11

たった

tatta

…これ、支えなしで立ってるんですけどもね。

かなりどっしりと、安定感ありありで立ってるんですけどもね。

当人は自立しているという意識がまったくないようで、すぐに泣き出してしまいます。

甘ったれめえええ!愛い愛い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.10

アイアンマザー?

冷蔵庫にくっつけてあるマグネットシートで遊ぶお嬢。

喜んで冷蔵庫からシートを剥し、また戻す、ということをやる。
んで、この剥して貼ってという一連の動作を見てやって、褒めてやるわけなのだが、何度でもやるのでいい加減あたしも飽きた。

と思っていたところ、お嬢は剥したシートをあたしのほっぺたに貼ろうとするではないか。

そうだよね。キミも飽きたんだよね。

でも悪いけどおかあさんにはくっつかないよ。

だからね、そんなツマラナソウな目で見ないでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.04

初春や王とゲーリー攻めよせて

最悪の正月であった。ってまだ正月だけどもう終わりにしたい気分よっ。


新年明けてすぐ、夜中の1時くらいだったか。寝ていたお嬢が吐いた。
生後間もなくの頃はちょろりとおっぱいをリバースしたりということはあったけど、ゲロ(汚くてすみません…)などとは無縁だったのに!
ていうか、離乳食を食べてるから、おっぱいを戻したときのような可愛らしいもんじゃないのだ。
りっぱなゲロ(すみません…)なのだ。くちゃいのだ。

お嬢は泣いたりせず、きょとんとした顔をしていたのでヤバい状態ではなかろうと判断し、とりあえず着替えさせ、シーツ代わりにお嬢スペース(うちはクイーンサイズのベッドに3人川の字で寝ています)にしいていたガーゼのおくるみもはいで、別のと取り替えた。

一息ついたところで。

うえぇ。。。

また、吐いた…今度はベッドのシーツにもイった…

旦那と顔を見合わせて、笑う。もう笑うしかない。

再度着替えさせ、ベッドのシーツも替えた。
真新しいシーツのひかれたベッドの上で、あいかわらずおとなしいお嬢だったが、しばらくするとまた

う。。。

「わあああ待って待って!タオルタオルタオルー!」

と旦那にタオルをとってくれるよう頼んだけど、間に合わないのは必至でありましたので。ええ。

両手で「お椀」作りましたよおかあさんは…。

うええ。。。

ふー。
セーフ。
…かどうか判断が難しいけれども、お嬢の服とシーツは護りましたよ!身を犠牲にしてさあ(涙)
だってもうシーツ替え無いんだもの!汚すわけにはいかなかったんだもの!


いやはやまったく新年早々酷い目にあったと思いつつ、吐くだけ吐いたらコテっと寝てしまったお嬢の寝顔を見つめるあたしたち夫婦。

「ウイルス性胃腸炎じゃない?本家の子からもらってきたんだね」

そう、12月30日は本家の餅つきを手伝いにいったのだが、そのうちの子が嘔吐下痢をやったと、お嫁さんから聞いた気がする。

とすれば、明日には下痢もやってくるのだろう。その処理に追われるのだろうと。

覚悟を決めて、眠りにつきました。


ところが。


きもちわるい……
つわりってことはないよな?←二人目が欲しいのでポジティブシンキング
ってまだ生理ないからそれはないか。
あーでも気持ち悪い吐きたい。
うわなんかおなかも痛くなってきた…!


などという事態が、ワタクシの身に起こったのでございます。

そして意外にも、隣で寝ている旦那にも!

突然起き上がった旦那に「気持ち悪いの?」と聞いたら、旦那はびっくりしたような顔をして

「なんで?まさかそっちも気持ち悪い?」

というじゃありませんか。

それから、交互にトイレにこもる夫婦。
ウイルス性胃腸炎は嘔吐下痢症ともいうらしいけれど、まったくそのとおりの症状が出るのね…
寝ようにも寝られず、ようやく眠れたのは明け方になってからでした。

朝になってから、他の家族に体調を確認したら、みんなおかしいという。
前の日に用意していたおせちも手をつけることもできず、みんなコタツ部屋に集まって(旦那だけは熱が出てしまったので寝室で寝込む)、うだうだしていました。

ほんとうに、ほんとうに、酷いお正月でした。
忘れられない日になりました。よろり。

というわけで2005年のちはやふるは美しくない話題で始めてしまいましたが。
真実だからしかたがないね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »