« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.27

断乳続行中

水曜日の夜から始めた断乳。

木曜の午後から乳がカンカンに張って、明けて金曜にはまっすぐ立っているのがツライほどの状態に。

暑いのもあったのかもしれないけど、クラクラするし。


出すもんを出さないで溜めとくってのはなんにせよ体によくない!


ってことで、金曜の午後、お嬢を出産した産婦人科の母乳外来に出かけて搾ってもらいました。

まだカラになるまで搾れない(ガッツ入れて搾るとまた造られてしまう!)ので、三分の一程度。

でもこれだけでずいぶんラクになった。

硬くなってるから、押されたりすると痛いけど、それでも普通に生活できるんだもんー。

今週の金曜にまた母乳外来行って、今度はもっときっちり搾ってもらうことになると思います。


さて、パイをなくしたお嬢はというと、昼寝がうまくできなくて大暴れすることがあるけれど、夜はわりとすんなり寝てくれてます。

泣いても5分とか。

夜中もあいかわらず2回起きているけど、なにもしなくてもちょっと泣いてまた寝てくれる。

お嬢の場合は、そういうとき下手に抱き上げたりトントンしたりしないほうがいいみたいなのです。

触ったりすると、かえって暴れるの。壁蹴るは母蹴るはでもータイヘン。


隣で寝ているあたしの気配を察知できれば、安心するのかまたすぐ寝てくれるから、あえて放置プレイとさせて頂いております。

喉が渇けば枕元のマグを取って水飲んでるし、あたしに触りたいってときには自分で腹の上に頭をのっけてくるし。

…って、そう。

お嬢が起きて泣いている限りはあたしもあいかわらず目が覚めるのです。

おっぱいをあげると体力消耗するので、それないのはずいぶんラクなのだけど。


断乳してからほとんどパイーと言ってなかったお嬢が、助産師さんのところで搾乳を目の当たりにしたときに、ポロポロ涙をこぼし始め、しまいには大絶叫で泣いた。

いじらしかった。がまんしていたんだなあと。


これからは、今までおっぱいで許して、許されてきたことも、無しで解決していかなくちゃいけない。

おっぱいを飲む顔が見られないのは本当にさびしい。

でも、親子道に新しい可能性が広がったような気がしています。

親子3人で。再スタートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.23

断乳始めました

いつものとおりおっぱいをくわえながら8時半に眠ったお嬢は、いつものとおり二時間後泣き出しました。

いつものとおりなら、またおっぱいで再びダウン。
その後ちょくちょく起きることもあるけれど、おっぱいさえあればノープロブレム。

だったのに。

昨夜の彼女は、おっぱいをくわえ、寝るんだけれど、寝つけずにまたすぐ起きるということを5回繰り返し、6回目にはもうおっぱいも拒否して泣いてた。


出てなかったのかもしれない。

それか暑くて苦しかったのかも。

虫にさされて痒かったのかも。

味噌汁つけてかぶれた首の下が痒かったのかも。


今日になってみれば、いろいろ当たっておくべきことが思い浮かぶけれど、昨晩のあたしはダメでした。

「水を飲ませて、飲まなかったら(喉が渇いているのでないなら)、
おっぱいはもうあげないことにしよう」


ソッコーで決断してしまいました。

極端かもしれないけれど、「このときだけあげない」というのは余計かわいそうな気がしたので、「やめよう」と思った今が機会なのだと考えるようにして、お嬢に白湯の入ったマグを渡しました。


飲まない。


かといって、おっぱいを求めるでもなく泣いている。


明かりをつけて、完全に目を覚まさせてからベッドに座り、膝のうえに抱っこした。

お嬢は泣き止んだところでおっぱいを求めて服をめくろうとしたけれど、あたしが手をはずしてしまうので再び号泣モードへ。

最近のお嬢はこちらの言うことをかなり理解できていると感じていたので、耳元で言い聞かせました。

「おっぱいナイナイだよ」

大泣きするお嬢の背中をトントンしてやると、何度か服をめくろうとする動作を見せるものの、そうかダメなんだよねといったかんじで手を引っ込めて涙涙涙&絶叫。


おかあさんも泣きたい。

2歳になったら、言い聞かせて断乳(卒乳)にチャレンジしてみて、ダメだったら、まあ本人がやめるっていうまで好きなだけ飲ませるかなと思っていたのに。

もうキツイ、という思いから断乳に突入するなんて申し訳ないよ。


今日、最後にしっかり抱っこしておっぱいをあげたのはいつだったか。

ちゃんと顔を見ておけばよかった。涙涙涙&トントン。


お嬢は、意外にあっさり、10分程度で眠りました。
その前にいっぱい泣いていたから疲れたのもあるんだろうけど。


今朝は5時前に起きて、チーズと煮干(おやつ用)をかじって、6時にはしっかり朝ご飯を食べました。
納豆御飯と、ワカメと豆腐の味噌汁と、オクラ。
お嬢の好きなものばっかりだ。

朝食のあと、『いないいないばぁっ!』のDVDを観て、合間に何度か「パイー」とやってきたけど、ナイナイされるとひとしきり泣いてまた観るということを繰り返しました。

本放送の『いないいないばぁ!』を見終わると、朝早かったせいで限界だったらしく泣きやまなくなった。

「ねんねする?」

と聞いたらトットコ寝室に駆け込んで、ベッドに横になっているので、またトントンで寝かしつけました。

おっぱい飲もうとしてたけど、ナイナイ言い聞かせ。
やっぱり10分くらいで寝たかな。泣きながら。


今夜も、こんなふうに泣かれるんだろうな。
てか2・3日はすごい機嫌悪いんだろうな。


始めちゃったし、よほどのことがない限りおっぱいを再開することはないでしょう。


一年半飲ませました。


なんとも言い難い気持ちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.21

また買ってくるよ

直径15センチくらいの小玉のスイカが安かった(198円だった)ので買ってきて、ここのところ何度か食後にデザートとして出していました。

さっき、夕食後、お嬢がしきりに「しーか、しーか」言ってて、どうもスイカを催促しているっぽい。

ここのとこ暑いので、よく冷やしたのをあげてたからね。よっぽどおいしかったんだろうねえ。

食後→→→スイカって流れが、お嬢のなかでできちゃったらしい。


でもすいません。スイカもうありません。


これからがシーズンですから。

また食べようね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どっちなんだ

お嬢の歯磨きを本格的に始めたのは1歳3ヶ月になる頃だったと思う。

10本目がはえてきて、おかゆからふつうの御飯になったときに、「毎日お風呂に入る前絶対やる」と決めて、実行してきた。

遅いです。
相当遅いです。

今、虫歯があるかどうかはわかんない。
今度歯科検診を受けるので、場合によっては、OH NO!もっと早くからがっちりやっとくべきだったぜぃ!てなことになるかもだけど…。
どうなるかな。

お嬢は最初の頃はおとなしく磨かせてくれて、なんだすんごいいいこじゃん!なんて感心していたのだけど、2、3ヶ月もするとだんだんイヤイヤ大泣きするようになってしまった。

でも、正直、ギャン泣きしてくれたほうが磨きやすかったり…大きくお口開けてくれるから。
そのうち諦めて泣かなくなるわよーと先輩ママにも言われたし。
このまま毎晩泣かせてやろうと思います。

それはそれとして、最近のお嬢。

「歯磨きだよーー♪」←怖がらせまいと異様にテンション高い母

と寄っていくと、自ら歯磨きスペース(ソファの下)に歩いていって、横になる。

おっ、やる気だねえ、泣かないかな?と始めてみるんだけど、やっぱり爆泣き。

聞き分けがいいのか悪いのか…

複雑なお年頃なのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.14

マイブーム

ちーこです。

さいきん、はこにはいるのがすきです。

box

ほんとうは、おかあさんのさんだるがはいっていたはこがおきにいりだけど、こわれるからってとりあげられました。

こっちにしなさいって、あたらしいのをもらいました。

「ういろう」がはいっていたんだって。

こんなのよゆうです。

さんだるのはこは、みっしりはいれるからよかったのに……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.12

公園にて


「おとうさんこれうーたんじゃない…」
「そうかー?結構上手く描けたと思うんだけど…」
2xh2xesh0010_s2.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.10

未来予想図というか妄想図

旦那には二歳違いのお姉さんがいて、あたしには二歳違いの弟がいるからなんだと思う。

なんとなく、こどもはふたり、と思ってました。


一姫二太郎で。

さらに欲をいえば二歳差(二学年差)で。


第一子は、女の子だったので、次が男の子ならうまいこといくわけなんだけど。でも。

お嬢12月生まれだから、二学年差ってもう厳しいぞ!


授乳が頻繁だと、産後の生理再開が遅れることが多いそうで、あたしもお嬢が1歳4ヶ月のときに久しぶりにあかいものにお目にかった。
しかもその一回だけで、2ヶ月たった今でも次が来ない、不順な状態。

授かりもの、とも思っているので、強くこだわっているわけではないのだけど、ちょっと残念だったかな。


どうしても絶対に二学年差じゃ!と思わないのは、もっとお嬢に手をかけてあげたいなあという気持ちになっているせいもある。

可愛いんだもんなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.09

ヒロシです…



ちーこジャパン。

言ってみただけとです…



※お嬢のことは、ちーこと呼んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.07

栗色の髪の…

昨年の今頃はうすらハゲてたお嬢だけど、1歳半にもなれば、しっかり髪が伸びてきています。

でも!

非常にネコっ毛。
かつ部分的にくせ毛。サイドと後頭部ね。

伸びても伸びても上に巻いていくー。

ちょっと引っ張ってみると、肩を越えるくらい伸びているのがわかるけれど、普段はサイドハネまくり、うしろ巻きまくりの一見ショートヘア。

これはもう、伸ばし続けるしかないのではないかと思っています。

そうすれば、いつかは重力に従って、下におりてくるのではないかと。


だったらいいなと。




今日は暑いので、うなじを出すべく、少ない髪をかき集めてねじり、ぱっちんどめでとめました。

涼しげ。

でも大人びててちょっと怖い。

up

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.02

とらわれていない

独身の頃よく泊まりに行ってた友人宅で、朝食にホットケーキを焼いてもらうことが多かった。
今では我が家でも定番の朝食&おやつ。
料理家のケンタロウさんも以前書いていたけど、ホットケーキミックスってほんとダマにならなくて手軽なんだなあ。

今朝も焼いたんだけど、あんまり気分じゃなかったらしく、お嬢の食が進まなかった。
遊びながら食べさせるかな、と思って、お花の型で抜いてみせたらやる気になってくれた。
ちゃんと噛め!といいたくなるほどスピードアップ。

すると唐突に

「ぞうしゃん!ぱおーーん!」

なんていいながら、ホットケーキのきれっぱしを握り締めている。
お花なんかよりよっぽどテンション高いし。

zousan

ああー。なるほどね。てなもんだ。

きれっぱしで、なにかをイメージするのも楽しいね。

おかあさん勉強したよ。




ホットケーキミックスでカステラ(のようなもの)を作ることもあります。
フライパンに、ゆるめに作ったタネをぜんぶ入れて、ふたをして、弱火で焼くの。
ぐりとぐらになったみたいで、ついにやけてしまうんだよねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.01

出したらしまおう

おっぱいを飲んだあと、めくれてる服を戻してくれるようになりました。

…成長したのう。

おかあさん感動した!


感動したといえば、旦那様がとうとう「しゃん!」と呼んでもらえるようになり、デレデレになっていた。

しゃんて・・・。「おとう」の部分はどこへ?


ちなみに、おかあさんは「たぁたん」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »