« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008.08.31

庭の花2008

昨年は居間の目の前にあったゴーヤネットが、今年は玄関脇に移動になってました。
居間の前にゴーヤ…よりぜんぜんいいと思う…(笑)

080820_080642_m


今年もダリアが咲いていました。新しい種類も買ったみたいです。
この赤いの、小ぶりだけどまんまるですごく可愛かったです。

080820_080936_m


睡蓮の鉢にダリアを飾ってしまった犯人は。父。
濃いピンクに睡蓮が負けてるけど、なんかイイ…

080821_123305_m


これは、オンラインショップを持って、鉢花とか苗とかを売ってる従姉が贈ってくれたものなんだそうです。
名前がわからない。ダチュラに似た形だけど、もっと小さい。色は紫でとてもきれいです。

080820_081029_m

| | コメント (0)

2008.08.30

食べまくる

おいしいものを食べるのは旅行や帰省のときの大きな楽しみです。
今回は、三陸に一泊してから実家に帰りましたが、途中、東北自動車道を仙台でおりて牛タンを食べに行きました。
5年前に、同じように仙台に寄り道したときは『太助』でしたけど今回は『利休』で頂きました。

080817_133729_m

これは「牛たん1.5人前定食」です。牛たんのみ1.5人分です。あとは麦ご飯と牛テールスープが付きます。娘と分けて食べました。「小さく切ってお出ししますか?」と訊いてくださったのでそのようにお願いしました。

旦那様は定食に、さらに「とろろ」を頼んで、麦とろご飯にしていました。で、娘にとろろを挑戦させようと、取り分けた麦ごはんにちょこっとかけたら、ダメみたいで、一口で「もういい…」だって。
しかたがないので、私の麦ご飯と交換したんですけど、私もとろろのかかったご飯は苦手なのです(笑) ほんのちょっとしかかかってないんですけど、それでもね…
苦肉の策で、とろろ風味の麦ご飯に牛テールスープをかけて、牛タンの付け合せの浅漬けもちょこっと入れたら、絶妙な塩味が利いた美味しいスープごはんができて、感動しました。
次もこうやって食べようと思ったくらい美味しかったです。


牛たんで満足したあとは笹かまぼこの『鐘崎』さんで笹かまを買いました。両親がここの「大漁旗」が大好きだから、手土産に。クーラーボックスを車に積んでいたので、要冷蔵のものでも大丈夫だったんです。
「大漁旗」はふつうの笹かまより大きくて厚くてやわらかくて、食べごたえがあります。盛岡駅の駅ビルの地下にもお店があって、新幹線でさいたまに戻るときにお土産で買ったりします。
ちなみに両親への手土産は他にもあって、『聘珍樓』の点心を数種類、デパ地下であらかじめ買って、送ってあります。美味しいと喜んでくれるので、毎度点心になってしまいます。弟夫婦にも同じものを送ってます。


翌日、実家へ向かうのに盛岡を通りました。
盛岡といえば冷麺、じゃじゃ麺、わんこそば。麺ばかり思い浮かびます…

今回は、『白龍』のじゃじゃ麺に挑戦。車にケータイ忘れてしまって写真は撮れてませんけど、肉味噌、ねぎ、キュウリ等がのっかった汁ナシのうどんを食べてきました。こしのないうどんはあまり好きじゃないなあ…というのが最初の印象。でもこしがあったら、肉味噌が生きてこない気もするし。

好みでラー油やお酢をかけるんですけど、この食べ方で油そばを思い出してしまいました。お店の雰囲気も近いものがあったし。
久しく食べていない『珍々亭』の油そば! 私はこっちのが好きです。
でも、次に盛岡に来て、冷麺かじゃじゃ麺かって話になったらじゃじゃ麺を食べると思います! これってなにげにハマってるってことなんでしょうか(笑)

また、機会があれば、以前盛岡に住んでいた従姉が一度連れてってくれたコッペパンのお店にももう一回行ってみたいなと思っています。
福田パン」だと思うんだけど…
ここのお店でパンに具?を入れてくれた女性の肌がものすごーくきれいで、どんなお手入れをしているんですかと訊きたい衝動にかられた記憶があります。うちの母くらいの年齢のかただったんですけどね…!


さて、実家に帰ってすぐ次の日は、さっそく『比内や』に親子丼を食べに行きました。

080819_125342_m

かみしめて味わうお肉が本当に美味しいです。卵も濃い。
じつは、先月の私の誕生日のときに、焼き鳥が食べたいとリクエストしてさいたまの『比内や』に食事に行ったんです。シメは当然親子丼だ!と楽しみにしていたのに「今日はやってません…」って言われて、そのときは食べられなかったんです。「来月秋田に行くからまあいいか」、で済んだけど、比内やさんに行って親子丼を逃すなんてちょっと信じられない出来事でした(笑)


本当に食べてばかり。
だからいつも実家で2キロ増になるですが、今回さいたまに戻ってきて体重計に乗ったらほとんど変わってなくてびっくりでした。
でもたぶん、例外なく2キロ近く太ってると思うんです。ただ、今回は帰省直前に大汗かくようなイベント行ったので、いい具合に夏ヤセしていたんじゃないかなあと。
おたくとしてそこにいるだけでやせるなんてすごいイベントじゃないかと、あの祭りのサウナっぷりを見直したりした帰省でもありました。

| | コメント (2)

2008.08.29

津軽へ 2

ねぷたや斜陽館を見学した日の翌々日は、やっとお天気が回復して青空が広がりました。
朝食のあと、海でも行こうかーって話になり、再び青森県へ。
海岸沿いを走ることで有名な鉄道・五能線に平行する道をドライブすることにしました。

地元を出て、青森県大鰐市を通り、弘前市に入って、道路の左右にりんご畑が広がる『アップルロード』という山道(農道?)を上りました。
途中、岩木山神社に寄って、トイレ休憩したところ、びっくりするような出来事が起こりました。
たまたま仕事で近所に来ていて、昼になったからと神社前の食堂でごはんを食べようとやってきたという私の弟と、バッタリ会ったのです。
弟は青森市に住んでいるんですけど……
こんなこともあるんですね! 本当に驚きました。今回は平日しか滞在しない予定でしたので、弟夫婦のうちには遊びに行けなくて、残念に思っていたところだったので、嬉しい偶然でもありました。


さて、アップルロードで山道を堪能したあとは、津軽の西側に入ります。鯵ヶ沢というところには『焼きイカ通り』なるものがあって、一直線に走る道路沿いにぽつんぽつんと焼きイカのお店があるのです。
私は子供の頃から焼きイカが大好きで、ここのも何度か食べたことあります。
「岩手の中尊寺近くの屋台の焼きイカを祖母にねだっていた」…なんて話を両親が今でも持ち出してきます(笑) じっさい、現在も焼きイカ大好き。
屋台の焼きイカでおいしいのに出会うことなんてめったにないから、がっかりする確率が高いとわかっていても、見ると食べたくなって買ってしまうくらい…。そしてがっかりすると(笑)

でも鯵ヶ沢の焼きイカに間違いはありません。
お店の横に干してあるこのイカ…! 

080822_133411_m 080822_133241_m

2杯はすぐ食べるためにお店で焼いてもらいました。母がもう2杯お土産に買ってくれたので、翌日、さいたまに戻った日の夕飯にも食べました。ほんとに美味しいイカです。肉厚で、ふっくらやわらかいんです。大満足!! 

080822_142744_m


五能線沿いにはたくさん見どころがあります。
今回は、千畳敷へ向かう途中、『日本一の大イチョウ』を観に行きました。

080822_135133_ed_m

これ…写真が鮮明でないのでわかりにくいかもしれません。娘が立ってるんですよね。木の下に。幹周り22メートルもあるんだそうです。高さ31メートル。大きすぎて全体が入りません(笑)

太くて高いものを観た次は、広くて大きいものを見ました。
「千畳敷」です。 長く続く岩場は絶景ですが、風が強かったので長居はできませんでした。

080822_141525_m 080822_141652_m

右側の写真には、岩場の先端に立っている男性が写っています。
まったく見ず知らずのかたなんですけれども、このあとに行った十二湖でも会いました(笑)

080822_161400_m 080822_160820_m

十二湖の青池です。
最近倒れたものか、池に大きな木が沈んでいて、ちょっと見づらい感じになっていました。

五能線沿いをさらに上って、鹿ノ浦展望台へ。

080822_171944_ed_m

ここにもう少し居れば日の入りが観られて、三陸の日の出と併せて二冠的な何かを得られたのかもしれません(笑)
が、この日はうちに帰ったら花火をするという約束を娘としていて、早めに帰宅しなければならなかったために、売店で母おすすめのごまソフトクリーム(美味しかったです)を買ったのみで、すぐ出発してしまいました。

五能線沿いは、ドライブも楽しめます。美味しいものもたくさんです。
今回千畳敷を歩いたときに娘が海に入りたがったので、今度は水遊びの用意をして来たいと思います。
また、いつかは、ちゃんと列車での五能線の旅をしてみたいと思っています。

| | コメント (0)

2008.08.28

津軽へ

昨年実家に帰省した際もひどい雨続きであったのですが、今年もおおむね雨、そして「もう秋!?」ってくらい寒かったです。
万一のことがあっては…と考えて、娘にはきちんと長袖やくつしたなどを用意していったのですが、大人はふつうに夏の格好でしたので、もー寒いったら。

で、実家に着いた翌日にまず駆け込んだ先がユニクロでした。
持ってきた服にまんべんなく合いそうな色のパーカーを買いました。

夜は、……一昨年の5月に帰省したとき、やはり寒さに耐え切れずユニクロに駆け込んで買い、そして「置き部屋着」として実家に残しておいてあるトレーナーをパジャマに重ね着して寝ました。ふとんを多くかけても腕が出ていると冷えるので長袖は必須です。

「秋田においては8月でも油断するべからず」です。


さて、「雨でも出かけられるところに案内するよ」と言って両親が連れていってくれた先が、青森県五所川原市の「立佞武多の館(たちねぷたのやかた)」でした。
五所川原のは縦に長い、みたいな話を、以前ちょこっと聞いた記憶があったので、とても楽しみに観に行きました。

080820_124654_m


実物は想像以上に大きくて、迫力がありました。
20メートル超のねぷたが、館内に3台(台、でいいのかわかりません…)、人の手で造られたなんて信じられないくらい巨大です。
でも、よくよく考えれば、繊細な曲がり、ふくらみ、美しい彩色は、人の手によって出来たからこそなんですよね。
と、気づいて改めて観ると、生み出そうとする力とか、守ろうとする意識みたいなものも感じられるようで圧倒されます。

立佞武多祭の日に、これらが町へ出陣して練り歩く姿を見てみたいなーと思いました。
人のエネルギーが収束する場所に立って、じかに感じたらもっともっとすごいんでしょうね。


立佞武多の館最上階の展望レストランでおそばを食べた後は、太宰治記念館『斜陽館』へ向かいました。
新しいのでも古いのでも朽ちたのでも、建物を見るのがとにかく好きだったりするので、作品は読んだことがないけれどわくわくしながら歩きまわりました。

080820_144225_m 080820_144620_m

080820_144437_m_2 080820_151443_m


最後は、2月に帰省した際にも、娘のそり遊びの帰りに立ち寄った大鰐の日帰り温泉『鰐come』でほかほかに。
うちの両親が、わにこむわにこむ言ってたからそうだと信じて疑ってなかったけど、リンク貼ろうと検索したら出てこなかったですよ。
ワニコムじゃなくてワニカムが正しいのでした……(笑)

| | コメント (0)

2008.08.27

夏の旅行というか帰省2008

先週1週間ほど、秋田の実家に帰ってきました。
昨年はさいたまへ戻るときに山形に1泊したんですが、今年は秋田へ向かうときに岩手の三陸に寄り道、1泊してから実家へ向かいました。

三陸海岸の浄土ヶ浜は、子供の頃から何度も出かけている場所です。
砂ではなく、白い石が敷き詰められた浜から観る景色はいつ観てもいいなあと思います。
浜のすぐ上にたつ浄土ヶ浜パークホテルさんにも数回お世話になっています。お夕飯のウニが私の楽しみ。あと、苦手なホヤも、ここのだけは食べられるんです。生臭さがほとんどなく、他のところで出会うホヤと違う気がします。
ホヤの写真は撮り忘れましたけど。
冷塩水に漬けられたウニ、ぷるぷるで美味しかった!

080817_195958_m


翌朝は早起きして浜に下りました。

080818_050058_ed_m 080818_051359_ed_m

日の出が観たかったからですが、寝ぼけてぼんやりしているうちに瞬間を逃しました(笑)

そして娘は、日の出とかはどーでもよいらしく、石投げに夢中でした。
白くて角が丸い、きれいな石ばかりだから気持ちはわかる…

080818_051014_m


ホテルの部屋からの景色。縁のない大きな一枚ガラスが張り合わされていて、外に飛び出している感じなので陽がよく入ります。

080818_070835_m


朝ごはんを食べて、チェックアウトしてから遊覧船に乗りに行きました。
乗船すると、乗員さんがパンを売りにきます。船が出る前から、船の周りに集まりだすカモメやウミネコたちは、これが自分たちのものであることを知っているんですね。

出港して、海に出るとまもなく、カメラには鳥しか映らなくなるのでした…(笑)

080818_094952_ed_m

080818_095035_m 080818_100431_m


浄土ヶ浜を遊覧したあとは、日本三大鍾乳洞のひとつ「龍泉洞」へ向かいました。
私は小学生の頃に一度訪れています。鍾乳洞を歩いた記憶はないけれど、透明度世界有数といわれるとてもきれいな地底湖の静かな迫力だけはずっと覚えています。大人になって改めて観ると、やっぱり恐ろしいくらいきれいで吸い込まれそうになります。ケータイのカメラじゃうまくとれなくて残念でした。ので、地底湖だけは旦那様が撮ったのを拝借。

080827_150256_m

080818_120052_m 080818_123711_m


観光客が安全に鍾乳洞を見られるように、きっちりと板張りの道を通しているのがすごいなと思いました。
周遊ルートの最後はとても狭くて急な階段の上り下りがあります。小さいお子さん連れのかたは無理なさらないほうがいいと思います。きつい場所の手前で回避して外に出られますから、鍾乳洞自体には入れます。

| | コメント (0)

2008.08.11

ふるさと便いっぱい

旦那様の実家から頂く野菜に加えて、私の実家からも送られてくる農作物。
本当にありがたいです。もうすぐ帰省なのに冷蔵庫いっぱい(笑)

夏はやっぱりトマトです。私の大好物です。
ふつうのトマトと、プチトマト。両家から熟したものをたくさんもらいました。

トマトはそのまま食べたり、加熱してつかいます。
特に、みじんぎりにしたにんにくと、たまねぎ、トマトをピエトロドレッシングに漬けておいたものをよくつくります。台所をのぞく娘に「またつくったのー」と言われるくらい(笑)
いい感じに漬かったトマトを、薄く切って焼いたバゲットにのせて食べます。

080810_170834_m

うちの冷蔵庫にはだいたいピエトロおじさんが入ってます。よく助けてもらいます。
この日作ったものには、義母の畑の黄色パプリカも入ってます。
焼いたナスにのせても美味しいし、鶏肉や魚のソテーにのせてもいいかな。そのときはちょっとお酢を足したい感じだけど…


おかず作りはトマトで足りそうなので、プチトマトのほうは皮むいたのをはちみつに漬けて冷やしておきます。
私と娘のおやつとなります。(旦那様は甘いトマトが苦手なので食べてくれない)

080810_170819_m


トマトにゴーヤ、オクラ、トウモロコシ、スイカにメロン……

来週、実家に帰省するまでにすべて調理・消費したいものです。

| | コメント (2)

2008.08.09

暑かったけれど

暑かったけれど


先日ディズニーランドに行ってきました。
日中は暑すぎて無理なのでアフター6パスです。
ちょうど去年の今頃も出かけていて、すいてたし、きっと今年も…と思ったらそんなことなかった。けっこう混んでました。そして夜でもまだ暑い(笑)

去年と同じく、ぶらぶら歩いて、ごはんを食べて、ちょうどいい感じ。
娘は毎度観ているミニーのショーさえあればよし。

秋になったらまた行きたいと思います。そのときは余分に削られることもなくお昼もめいっぱい遊べることでしょう。

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »