2004.12.06

娘誕生(1)

2003年12月6日午前3時過ぎのこと。
オシモが冷たいので目が覚めてしまった。
トイレで確認すると、あてていたナプキンに血が!
血というか。水だ。
血がまじってる水というかんじのもので、ナプキンはすでに用をなしておりませんでした。決壊しておりました。
だから目が覚めたのだろうが…。

ほとんど水。ってことはつまりアレ?

……破水?

38週に入っていたので生まれてもおかしくはない。
でも破水したことない(当たり前だ初産だもの)ので、破水かおしるしか判断がつかなかった。

とりあえず旦那を起こしてみる。

「あのね。破水したかも…」
「マジで!?」

ガバッと起きた。

“飛び起きる”という言葉そのものの動きを見ちゃったよ。

というくらい、旦那の反応は早かった!
普段はノビ太か旦那かってくらい寝つきがいいうえ、ちょっとやそっとのことじゃ起きない。その人が全然寝ぼけていなかったのがビックリだった。

破水したら、すぐに病院に連絡をする必要があるので、早朝なのにと申し訳ない気分で電話をする。
状態を説明すると、どうやら破水のようだからすぐに来てくださいと言われた。
よかった破水だ。と安心する。いや安心してちゃいけないんだけど。
おしるしだったら邪険にされそうで怖かったのね。

ところで産婦人科に電話している真っ最中、旦那がそばにいてくれたのだけど、おなかから「ポン」というはじけるような音がしたという。
あたしは聞き逃しちゃった。
そのときは焦っててそれどころじゃなかったけど、今にして思うと残念。
聞きたかった。
だって、陣痛から始まらなかったとはいえ、妊娠が終わり、出産が始まろうとしていたわけじゃないですか。些細なことも逃したくなかった。憶えておきたかったと思う。

とにかく、その音がしたあたりからいよいよ水(羊水ですな)がジョロジョロ出るようになった。

入院の用意はしてあったので、旦那に運転してもらい、義母にも付き添ってもらい、産婦人科に急行した。
っていうのはちょっとウソで、実は車に乗る前にパソコンを開いて、メールを送ってたりしたのだった。
オークションで落札し、出品者からの連絡待ちだったものがあったもんで。
寝る前に確認したときまだ来ていなかったメールは運良く届いていて、出品者へ取引が遅れそうである旨連絡することができたのでした。
こういうのちゃんとしておかないとすっきり産めないかと思ったんだよ。
でもやっぱり破水のときはなるべく早く病院に向かうのが正しいよね…赤ちゃんのためにはね。

午前4時過ぎに病院に到着。
分娩室に通され助産師さんの内診を受ける。子宮口は2センチしか開いていないが破水は確かにしているとのこと。ということは出産せねばならぬ。もう戻れない!
分娩着に着替えされられ、オシモには安っぽい分厚いナプキンを当てられる。そんなものでこのお水(羊水ですって)に太刀打ちできるかー!と思ったが小心なのでなにも言えず不安におびえる。(しかし数時間後やっぱり決壊が怖いので大きいサイズのナプキンがないか聞いた。そしたらMからLにしてくれた。あるんだよちゃんと)

陣痛はまったくなかったのでひとまず入院のお部屋に入る。旦那と義母にもいったん帰って頂いた。

午前6時くらいに先生の内診を受け、その際陣痛が来るよう「刺激」してもらう。これがまた。イタイ。
体の中に手を入れられて中をぐるぐるされたらさー…。
↑字面だけみたらえっちだが。

と ん で も な い 。

しかしその痛みは実はたいしたことなかった。
半日後にはそれ以上の爆痛に耐えているのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娘誕生(2)

先生の内診でイタイ思いをして部屋へ戻った。
しかし陣痛はまったくこないので朝食までしっかり寝る。

朝食は洋食だった。パンにサラダにスープなどなど。
食べておかねばと思うが緊張からか食欲がわかず、パンを少しとみかんだけを口にする。
陣痛は。
ちょっとイタイかな…?というのが来始める。
間隔は10~15分とバラつきがあった。

9時頃、血管確保とかで点滴を入れられた。
生まれて初めての点滴!
やってみたかったんだよねーコレ。
というあたしに神様はしっかりバツをくださいました。

「点滴って初めてなんです。ちょっと痛いんですね」
「え?痛いはずはないんだけど…あらモレてるわゴメンナサーイ!」

二度と要りません。点滴め。


いつのまにやらお昼ごはん。
カレーうどんでした。
朝食べていなかったのでさすがにおなかすいてたけど、だからってカレーうどんって気分ではない。
でも食べないとこの先どんどん痛くなるだろうし・・・と半分だけ食べたのだが、これがもう後悔。胃からあがってくるカレーうどんのにおいが気持ち悪かった。

昼ごはんが終わった頃旦那と、実家の母が来てくれた。母は秋田から来てくれたのだ。
ほっとする。
ほっとしたら、キタ。
イタイのがキタ。
けっこうイタイのがキター!
生理痛の酷いような痛さというのは正解かもと思うが男の人にはわからないよねぇ。
ゲンコツで腹膜を内側からぐりーんと押し広げられているような痛さとでもいうのかな。

痛い陣痛がきても、それでも間隔は10分程度のもので、まだまだ産まれそうもない。
ラベンダーオイルを落としたフットバスで足を温めると、いい陣痛がくるとかで、足湯につからせてもらう。
気持ちいい~。
イタタタタ。
気持ちいい~。
イタタタイターー!
ってなかんじで。

果たしてオイルが効いたのか、外が暗くなるころにはさらに痛くなってきて、軽口はおいそれと叩けない状態になってしまった。
そんなとき陣痛の間隔を計るためにもってきたあたしの腕時計を見て母が言った。

「おばあちゃんも応援してくれてるよ。がんばれ」

涙が出た。
そうなのだ。がんばれあたし。
おばあちゃんに、ひ孫見せたかったなあ。

中学生になるときに、祖母が買ってくれた時計はあたしのお守りになっている。
何度もベルトを替え、数年に一度メンテナンスをしているのだ。なくしたときには泣きながら探したこともある。これ以外の時計が欲しいと思ったこともない。
最近はケータイで時間を確認するのでつけてなかったが、陣痛の間隔が計れるし、お守りだからと持ってきていたのだ。
おばあちゃんはあたしが高校生のとき死んでしまった。分けてもらった形見はないけど、あたしにとってはその時計が形ある思い出の品なのだ。

そうだ。がんばろう。赤ちゃん産むんだ!

しかしいくらガッツが入っても、痛いのがどこかいくわけではない。
ひたすら耐えるしかないんである。
っていうかガッツ入れたとたん痛さがまた一段と増したのだ。もうロクにしゃべれない。
夕ご飯が出たけど、献立を確認する気力もあるわけがない。当然食べる気はない。昼間のカレーうどんがまだ口の中に残っているようで気持ちが悪い。

19時頃だったか、義父が会社帰りに寄ってくれた。
でも義父に顔を向けることがデキマセン。ほんとイタイ。イターイのだよ!
旦那に会陰のあたりを押してもらいながらソフロロジー式の呼吸法で痛みを逃しているあたしに、義父もかける言葉が見つからなかったようだ。
バナナを三本置いて、いつのまにかお帰りになっていました。…バナナどこで買ったんでしょうねお義父さん…。

21時には面会時間が終わってしまうので、母も焦りだした。

「がんばれ!9時までに産んでえー!」

ム リ だ よ!

20時に内診を受けたのだが、そのときでもまだ子宮口は5センチしか開いてなかった。
経産婦さんでもあるまいし、これはもう長丁場だなと、ぼんやりとした頭ながらも覚悟する。
21時。やはり劇的な変化はなにもないまま面会時間は終わり、付き添いとして旦那だけが残った。

で、そのまま痛いのだけが続いて、日付が変わってしまうんである。

あぁぁ。

入院したのは土曜日の早朝で、その日のうちには産めると思ってマシタ。
旦那は土日休みの人で、ずっとそばにいてもらえるから、このコったらなんていいタイミングで来るんでしょう!と我が子の破水アタックに感心さえしていたのだが、甘かった。

土曜日はダメですか…。

でもまだ日曜がある。

こちらの都合ですまないが出ておいでよ……ってイターーー!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

娘誕生(3)

明けて12月7日。

会陰押しをやり続けた旦那がへとへとになっているのがわかった。
休んでと言っても休まないだろうと思ったから、陣痛の合間に寝たいから、すこし放っておいてくれと頼んだ。
旦那は納得してかたわらのソファに座り、ソッコー気絶。
さすがはノビ太と張るオトコ。

妊娠中に参加した母親学級や両親学級で、陣痛のときにやってもらうとラクな方法として「会陰押し和痛法」というのを教わっていた。これは、陣痛がきたら、旦那とか母親とかの付き添いの人にゲンコツでググーっと会陰を押してもらうというもの。押すタイミングは、息を吸ったとき。で、吐くときにはゲンコツを当てたまま、かけた圧を逃さずゆっくり引いてもらうのだ。
この会陰押しでラクになる人がけっこういるという話だったが、ラクなような気がしたのは最初だけで、あたしには向いてなかったと思う。
旦那が寝てしまい、一人で陣痛に耐えているときのほうがラクだったのだ。
壊れるのではないかと思うような痛みをだましだまししながら深く呼吸をする。
痛くないわけではない。
でも痛さを受け入れられるようになった。
のぞきにきた助産師さんはあたしの顔を見て

「そんなキレーな顔してちゃあまだまだだね」

などと言ったものだが。
フングググゥーと鼻穴開いて悶えるべしなんて決まりはないはず。
痛いけど、叫ぶほどではなくなった。慣れたのだ。

そのかわり吐気がひどくなってきてまいった。昼間のカレーうどんがここでも祟っているような気がした。
喉が渇くからとウーロン茶を飲むのだが、ストローで液体を吸っても少ししか口に入ってこなかった。吸う力がなくなっていた。
うとうとしていると、激痛で目が覚める。けっこう眠ったような気がして時計を見ると、さっきの痛みから5分くらいしか経っていない。
そんなことを繰り返した。

子宮口はじりじり開いてってくれて、午前6時前には全開になった。

分娩室でモニターしているときに、「まだまだだね」と言った助産師さんがなにげなく内診したら、全開していた。
ほんの数分前に女医先生が内診したときは9センチだったのだが…。

「やだ全開してるじゃない。ちょっと先生呼んできてよまったくもう何診てんだか」

その言葉を聞いて、女医先生と助産師さんの間には微妙なものが臭っているなぁと、下世話な詮索をする。
痛みに慣れてしまい、このときちょっと余裕だったのかもしれない。
全開、すなわちイキめる、産めるというので、嬉しくなっちゃったってのもあるけど。

女医先生が戻って、いよいよである。
旦那も頭の方に来てくれていた。
立ち会うかどうするかはそのときに決めるなんて言ってた旦那は、確認もなにもされずに分娩室に連れ込まれたそうだ。

「だって “旦那さん、入ってください!”って当然のように呼ばれたらさ。あっハイって行くしかないじゃん」

そうだね。そこで悩まれてもイヤだったわ。


イキんだのは、たぶん4回。
でもイキめてたのはそのうちの2回だけだったように思う。
会陰切開もした。
赤ちゃんの頭が出てきてからのハッハッハッハッ(いぬのような短い呼吸)もした。
妊娠中に情報として仕入れていたあんなことやこんなことを次々と体験する。
本のとおりだ…とどこかで思う。

オシモから、ずるずるずるーと赤ちゃんが出てくるのがわかる。

「生まれた!……あっ…泣いた!」

旦那が実況中継。

泣き声が聞こえた。


2003年12月7日早朝、3,022グラムで長女誕生。

猿とかヨーダとかガッツ石松とか、産まれたての赤ちゃんが似ているといわれるものはたくさんあるけれど、うちの子は、強いていえばガッツだと思った。
でも(でもってなんだ)、可愛いかった。

すんごいすんごい可愛いかった。

↓生後1日のガッツ。
2003-1208-1125.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.21

こつばんを正す

出産するとき、お母さんの骨盤は赤ちゃんが通りやすいように開くのだそうです。
で、それがちゃんと元に戻ればいいんだけど、なかなかそうはいかないのだとか。

足の付け根や膝がみりみり痛むのを治したい。右肩が少し下がっていて、右側の肩甲骨がやたら凝るのも改善したい。
ついでに下っ腹が凹めば…えへへ。

というわけで、行ってきました。整体。
旦那に車を運転してもらい、はるばる品川まで出かけたよ。
なぜ品川かというと、妊産婦さん用の骨盤ベルトを作った人が開いている整体サロンがあるのです。妊婦さんも診てくれるところだから安心しておまかせできるかなと思ったの。
サロンといって勝手に想像していた優雅なかんじとは全然違い、着いたところはフツーのマンションの一室でしたが。

予想したとおり骨盤の戻りはあまく、お尻にしっかりと力が入らない状態だったそうです。背骨と首の骨も歪んだり出っ張ったりしているところがあるとのこと。凝りをほぐしてもらい、そのあとでバキボキとやってもらいました。
何?この肩が軽いのはなにー?!
腰のあたりもすっきりした感じ。
腹が凹んだかはわかりませんが(笑)

整体で生理痛が軽くなる人もいるっていうじゃないですか。
骨盤は大切にしなくては。
しかし腹は…(溜息)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.01

妊娠中の体の変化

体に起こったこと。気づいたことなど。

腕や足のむだ毛が薄くなった。わきのしたも生え方がしょぼいので、お手入れがとてもラク。産後もこのままだったらいいのに。
逆に、お腹まわりの産毛は濃くなっている!守ろうとしているのかしらねー。
もしかして背中も?と思ってお風呂あがりに鏡で確認してみたけど照明の具合でよくわからなかった。

肌の調子がいい。
妊娠前はおでことか鼻のところがあぶらっぽくてあとは乾燥気味(混合肌っていうのかな)だったのが、バランスが整ったようにツルツルで、きめも細かい。背中にもにきびができやすかったんだけど、ぱったりとできなくなった。
しかしシミは目立つ!メラニン色素が頑張っちゃってるらしい。
色素の沈着はヘソの真下から下腹部にかけても見られる。線が一本引かれたように黒くなっているのだー。

トイレがものすごく近くなった…(笑)
大きくなった子宮で膀胱が圧迫されるからだそうで、それは納得だが。
我慢はよくないから行きたくなったら行くようにしてるんだけど、おかげでトイレットペーパーのなくなるのが早くて交換するたびにあぁ…と凹む。
自分が意外に貧乏性だったことに気づく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.11.28

母、欲まみれ(主に食欲)

いつ生まれてもおかしくない時期に入りました。
そう簡単には出てこないだろうと思う反面、明日にも始まったりしてねー…という気もする。ありえないことではない。
そうすると、しばらくできないかもしれないというようなことをやっておきたくなるのね。

体重管理、けっこう頑張ったと思うの!
食べたいものを我慢したこともありましたとも。
だからだ。
今になって食いに走っているのは…(笑)

先週末は、沖縄そばがどうしても食べたくって、旦那に車を運転してもらい、早稲田の店まで食べに行きました。沖縄で食べたのとはちょっと違ったけど、現地には行けないもんねぇ。しょうがない。
来週は、友人と新宿高島屋にある「行列のできる点心屋さん」に行こうと思ってる。前から行きたかったんだけど機会がなかったの。

武蔵境で油そば食べたい。
新宿でラーメン食べたい。
代々木でゆば刺し食べたい。
大船渡でうに丼食べたい。
河口湖でほうとう食べたいー。
名古屋で味噌煮込みうどんと手羽先食べたいー。

ってどこまでも食べ物がでてくるのよう。
浦安にある夢と魔法の国に旦那と二人で行ってみたかったなーなんてことも、ちょっとは思うんだけど食欲には敵わないわっ。

ああ…夢と魔法の国といえば、あやちんといしげさんとリョウコさんとで行きましょうなんて話してたこともあったなぁ。…それはほんと身軽なときにやっておきたかった。くう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.11.13

…良かったよ

検診行くたびに、骨盤固定ベルトをするようにと薦められていた。
妊娠・出産すると骨盤が緩み、いろいろと良くない症状が出るらしいのね。
背中、恥骨、お尻が痛むとか、足がつるとか、あたしにもそれなりにあったし。でも姿勢に気をつけたりストレッチを日課にしたりウォーキングしたりして、すぐ自分で解消してたの。そのおかげで最近はまったくどこも痛くないんだ。
骨盤ベルトの試着もさせてもらった(っていうかさせられた)んだけど、かっこよくないし、なにより「なぜにそんなに執拗に薦めるの?」とうさんくさく思えて、購入はしないでここまでやってきた。のですが。

土曜日に両親学級なるものに参加して、他のパパママと話す機会があったのね。そこで聞いたら、どうもいい具合らしいのね、その骨盤ベルト。
椎間板ヘルニアと坐骨神経痛を併発(大変…)しているというママがしていて、痛みがずいぶん緩和されたんだってー。
腰痛に悩んでいるママも、ベルトでだいぶラクになったって言ってた。
やっぱり効果あるのね!

どこも痛くなかったあたしだけれど、産後に体型を戻すのには骨盤を締めるのがイチバン!と聞いていたので、しっかり締まって効果バツグンのそのベルトを購入することにしました。
産院で薦められたものとはちょっと違うタイプのものをネットで買いました。

本日午前中に届いたので、さっそく装着してみた。
最初はぜんぜん効果がわからなくて、むしろ「座ると苦しいなー」なんて思ってました。
しかし。しかーし。
それでウォーキングに出かけたらば…!
足が軽いのなんの。すいすい早足で歩けちゃうのだ。え、あたし妊婦?みたいなかんじです。
やっぱりどこも痛くなくても、骨盤はがくがく緩んでいたんだねぇ。

骨盤ベルトを薦めてくれてた先生や助産士さんたち、うさんくさいだなんて思っててゴメンナサイ…。今後は活用させて頂きます。産後も当然使いまくります…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.11.05

名付け

赤ちゃんの名前を決める時期にきているのではないか。
産まれてしまってからあわあわするのもいやだし、あらかじめ用意して今から呼びかけておきたいとも思う。

うーーーーん(笑)
実はひそかにこれと思う名前があるのだけど、旦那様がどう思うか。
女の子の名前だし、あたしの好きなようにしてイイよとは言ってたけど、まずは聞いてみなくてはなりませぬ。

本家のお嫁さんが、一昨日第三子を出産してるんだよね。
第三子、かつ三女。
名前はもう決まってると思うけど、まだこっちの家にはお知らせがきてないの。
…あたしがひそかに考えているのとかぶるってことはないと思うけど、一応旦那様には本家のお子さんの名前を聞いてから話すつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.10.26

どうしてもどうしても

ライブに行きたいのです。
長らくお休みしていたrough laughの西沢くんが、とうとう活動を再開するんだってー!!
今週の金曜日、下北沢のライブハウスにて!
なつかしーな。初めてrough laughのライブに行ったのは下北沢だったよ。同じライブハウスだよー。
ただもうソロになるそうだから、元rough laughって言わなくちゃいけないんだけど。

ユニットじゃなくなった独りの西沢くんはどんな音楽を聴かせてくれるのか、それを確かめないではいられない。
11月28日にも渋谷でライブがあるそうなんだけど、そっちはいくらなんでもまずいだろうなと…。だから今回はどうしても行きたい!というわけで行っちゃう!
そんなメジャーな人ではないし、会場も混まないと思うんだよね。
旦那はこれから説得します。飛びません、跳ねませんから行かせてくださいって頼むのだ。
…西沢くんのライブは飛んだり跳ねたりするようなものじゃないって気がするけど。
でも旦那以外の家族には内緒にするつもり…。

金曜日。楽しみっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.10.06

育児がワークになるということで

前開きの服を持っていないため、出産後の授乳に困るかもしれないと思い、オークションでワンピースを購入しました。
厚手の綿製、ジッパーで前を開けるワークシャツ風のワンピです。
半そでだけど生地が厚いから上に何か羽織れば冬でも大丈夫。

今のお腹の状態でもギリギリ入る(ほんとーにギリギリだから臨月まではムリ)からもう着てる。
なかなか良い買い物でした。大満足。
実はもう1枚、似たような形のワンピースを落札済み。
こっちは長そで。
これからの季節は洗濯してもなかなか乾かないから2枚あったほうが安心かなと。


昨日は、結婚式をしてから1年目の記念日でした。
入籍は5月5日だったけど、式は10月5日に挙げてるんです。
披露宴をしたホテルがディナーに招待してくれたので、夫婦二人で出かけてきました。タダなんだから、行かない手はありません!
お料理はそんなに品数が多いわけじゃないけれど、妊婦のワタシにはかえってちょうど良い量だし、おいしかったし、良い思いをさせていただきました。ワインも1杯だけ飲んじゃった。

こういうアフターサービスって、どこのホテルでもだいたいやるものなのかしらねぇ。
ディズニーランドのアンバサダーホテルで披露宴をした友人が招待を受けたっていうのを聞いたときは「さすがー!うらやましー!」って感心したもんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧